アニメなどの雑感を垂れ流し中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』を振り返る、その2

では、引き続きましてその2と言う事でいよいよ真打ち、トライアングラーの三人ですw
そして、真打ち、トライアングラーですよ(笑
もうね、この三人についてはあえて語る事が無粋な気がしてならないのですが、少しだけ語っちゃって良いかな?w
ランカ。
今回第一弾のキービジュアルからメインを張ってたように後篇全体を通して本当に見せ場があります。
中でも虹色クマクマのライブシーンは凄かったね~。シェリルは前篇もこの後篇もライブシーンが当然のようにあるのですが、今回のランカのファイナルライブ(グレイス談w)、アルカトラズライブと圧巻でした!
シェリルの魅力とは本当に正反対の可愛さ推しでもこれだけ胸にぐっと来る楽曲と映像。
そして、彼女のこんかい最大の見せ場であるラスト、クライマックス前の告白→決戦ライブは反則すぎる…!
結末まで考えた上でこの溢れるような想い…彼女も強くなったな~とアルトに対するミシェルじゃありませんが、本当にそれをばっちりと見せてくれました。
ラジオで放課後オーバーフロウがランカ楽曲の中で、あの星間飛行を抑えて一位になったのが本当に頷けます。
それほどの神曲でこのタイミングで使うかよ…と言う反則っぷり…!
最後にランカが残る、と言うのはアルトの選択と言う物を考えた上では、まぁメタ的な物も含めて、必然だったのでしょう。
それを言えば、シェリルが力尽きるのもまたそうなのでしょうし。
だって、アルトはシェリルを選んだのに、最後に仮に三人が無事だったエンドだとして正直ランカは居たたまれないでしょ?ランカファンもまた。
だからこそ、アルトがあの場にいる訳にはいかなかったでしょうしそれはシェリルもまた同じ。三人はここまで過ごした時間故に、バラバラにならざるおえない。
だけどね、ここね、僕が驚かされたのが、アルトから返答を受け取った時もラストシーンの独白も、もっと言うならアルトに自分の想いを告げた時から。
ランカは一度も逃げ出さずに全てを受け止めてみせた訳ですよ…!
アルトの言葉を借りるならば、あの「自分なんか…」と言って自分自身に自信が持てなかった、ただアルトやシェリルに憧れる事しか出来なかったランカがですよ?
ランカが全てを受け止めてくれたからこそ、この劇場版のあとに三人は再び一緒に笑いあえるのだと、僕は信じています。
そう言う意味で、ランカはアルトもシェリルもその手で救ったんだと思います。そう思うともう胸が熱くて熱くて…。

そして、銀河の妖精、シェリル・ノーム!
今回シェリルは他の二人が基本的にはTV版と同じ設定(精神年齢高めとかなのを含めて)なのに対して、彼女のみ立ち位置と言う物が異質な程に変更されています。
それは、グレイスの所でもちょっと触れましたが
「彼女は最初から全てを知っている」
その上での前篇後篇通しての行動・選択なんですよね。TV版って結局の所彼女は終盤にグレイスに裏切られるまで真実は何も知らなかった訳じゃないですか?
何も知らない彼女はただ銀河の妖精をやってただけ。あ、別に否定的な意味で書いてる訳じゃないですよ?(^^;
それが、劇場版では全てを知った上で、「銀河の妖精」をやってるんです。
この二つの事柄、何だか違う意味がるような形で書きましたが、実は同じ意味だと思う訳ですよ。
それは他ならないシェリル自身の口から答えが告げられてます。
最初は「生きる為に歌っていた」、でも今は「歌う為に生きてる」
アルトの「何故歌うのか?」と言う問いへの彼女の答えです。
もう、これが彼女にとっては全てなんでしょう…!
更に彼女はこうも言います。
「ステージの上で死ねるなら本望」と。
ああねって凄く思いました。実はこの言葉に自分も凄く心当たりがあるのですが、今は僕のそういう過去を振り返る場面ではないので自重しますがw
結局何が言いたいかって事ですけど、シェリル・ノームは驚く程にシェリル・ノームなんですw
彼女はTV版と立ち位置が変わりながら、結局の所TV版と同じ場所に居るんですよ。
TV版もグレイスに裏切られ真実を知り、それでも尚歌う事を選んだ。
ランカが劇場版でTV版よりも更に成長した姿を見せたとするならば、彼女が劇場版で見せてくれたのは例えどんな時でもシェリル・ノームはシェリル・ノームで有ると言う強さ!
彼女でも全てが強い訳じゃない、TV版でもこの劇場版でも一度は立ち直れない程の絶望に直面しているんです。
TV版でもアルトその人に支えられて救われた面もありましたが、劇場版ではさらに酷い挫折を味わいながらも彼女はやはり歌い続ける事を選んだ!
やっぱり、良い女じゃないですか、シェリル。そりゃあ、中の人である遠藤さんとMay'nちゃんが口を揃えて「良い女」って言うのがよーく頷けます。アルト君には勿体ないくらいですよ、本当にw

そして最後が我らがアルト君!
今回彼が何が大きいかってのは当然のごとく、選んだと言う事。
いや、本来当たり前なんですがw
彼は完全にTV版から一皮剥ける、と言うか精神的に成長した姿を見せてくれます。
それはランカの影響でしょうし、シェリルの影響でしょうし、オズマの影響でしょうし…と挙げ始めれればキリが無い程でしょうが、彼もまた多くの影響を受けTV版とは違った選択を選びますからね。
もう「お前たちが俺の翼だ!」ってネタにされる事もないのかな?いや、やっぱりされそうだけどw
ってか、既にパチのサブタイでネタにされてるようなもんですしね(苦笑

これはちょっと反則、と言うか公式ではないので、こういう公式物を見た感想として書くのは不適切からもしれませんが、この後の状況を知る手掛かりとして「ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-25メサイア新たな救世主」と言う作中の5年後、2064年にマクロスオリンピアと言う場所で刊行された体として発売されてるムック本(?)のとあるVFパイロットへのインタビューにて窺い知る事が出来ます。
え、公式じゃない?こまけぇこたぁrywwww
と冗談を挟みましたが、その中でどう見ても5年後のアルト君と思しき人物が出てくるんですよね。
と言う事で、アルト君はちゃんとフォールドから帰ってきて、シェリルと過ごしてんですよ!(必死
そのインタビューですが、本当にアルト君立派な隊長でエースパイロットやってるんですよ!
アルト…!
あの独断専行のアルト君とは思えないほどの成長っぷりですが、それはミシェルの項で前述した通り二人のやり取りからもアルト君の成長を窺い知る事が出来るんですがねw
シェリルがオリンピアにて個人的に雇ってるSMSの護衛のVFの機体番号がシェリルとアルトの誕生日とかもう…2828せざるおえないヾ(*´∀`*)ノ
この銀河級バカップルめ、良いぞもっといちゃいちゃしろ…!!!(感涙


最後に。
本当にTV版から楽しませていただきましたし、昨年の年末には念願かなって遂に初参戦出来たライブも楽しませてもらいました。
劇場版も期待を裏切らない、いやそれ以上の出来で本当に制作陣・キャスト・キャラクター・その他この作品に関わった全ての人に感謝の気持ちを…!
マクロスFはまだ終わらない!
本当にありがとうございます!!!
本当に本当にありがとうございました!!!
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マジチョコ☆

Author:マジチョコ☆
一言。
絶賛まほよに浸り中。マジ恋SもWA2CCも終わらなかったよ~(^^;
(4/17更新)

パチ稼働報告ブログ~
http://ameblo.jp/pati-magical/
ニコ生スロット配信コミュ
http://com.nicovideo.jp/
community/co596604

ツイッター
syot<br />a_starをフォローしましょう

視聴アニメリスト
11冬ア二メ
ペルソナ4(継続)、灼眼のシャナⅢ(継続)、輪廻のラグランジェ、モーレツ宇宙海賊、アクエリオンEVOL、
SSアマガミ

12春アニメ
モーレツ宇宙海賊(継続)、アクエリオンEVOL(継続)、Fate/Zero二期、黄昏乙女×アムネジア、エウレカAO
、めだかBOX、聖闘士星矢Ω


ラジオ関連
ほめられてのびるらじおZ、林原めぐみのTokyo Boogie Night、501 JFW-unofficial-OA、堀江由衣の天使のたまご、田村ゆかりのいたずら黒うさぎ、THE IDOLM@STER STATION!!!、野川さくらのマシュマロ♪たいむ


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。